タバコを吸うと歯がなくなる?













タバコを吸うと歯がなくなるというのは本当なんでしょうか?




実は本当です。



タバコと歯周病はすごく密接な関係にあります。


歯周病とは、細菌によって歯肉が炎症を起こし、


その結果、歯肉の下にある骨(歯槽骨)が破壊され、


歯がグラグラになり、


最後には歯自体は何ともなくても、歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい病気です。


喫煙者の口の中はタバコの影響のために血行が悪くなり、


歯茎もタールが沈着して黒くなります。


さらに、タバコを吸うことで口の中が酸欠状態になり、


歯周病菌が活発に活動する環境となってしまいます。


当然、歯茎は出血がしやすい状態となっております。


このように歯周病や歯槽膿漏といった病気は、


タバコを吸い続ける限りは悪化するしかしないと言われ、


いくら歯医者さんで治療したところで、完全に良くはなりません。


ちなみに、歯周病で死に繋がるケースもあるみたいです・・・・・


タバコを止めるにはもう遅いとは思わずに、今から禁煙してみませんか?








[←タバコに潜む美容への影響][↑一番上へ][タバコとうつ病の関係→]


サイトマップ


禁煙奮闘日記TOPへ


Copyright (C) 2005-2010 禁煙奮闘日記 All Rights Reserved
http://kinen-no-smoking.com/